講師紹介


自民党東日本大震災復興加速化本部事務局長
衆議院議員
長島 忠美 氏

野田 聖子 氏
プロフィール 昭和26年1月9日生まれ 63歳
自由民主党 衆議院議員
同党新潟県第五選挙区支部長
前 農林水産大臣政務官兼復興大臣政務官

新潟県古志郡山古志村(現、長岡市山古志)にて誕生。
村立虫亀小学校(現、山古志小学校)、山古志中学校、県立長岡高等学校へと進み、東洋大学経済学部を卒業。平成21年4月同校理事長就任(平成24年12月退任)。
東京都内にて就職後、28歳にて帰郷。山古志村教育委員・同村議会議員を経て、山古志村長就任(平成12年~17年2期在職)。
村長在任中の平成16年10月23日、新潟県中越大震災に遭遇。連日防災服姿で、中心被災地山古志村にて陣頭指揮にあたる姿がメディアで話題となったほか、いち早く全村民避難という英断を下したことを高く評価される。復興活動においては、実務面はもちろんのこと、被災者の精神面での救済にも力を注ぐ。
平成17年3月、山古志村が長岡市に合併されたことにより村長を退任、引き続き復興事業推進のため、長岡市復興管理監に就任。被災者・国・県との調整ならびに復興事業のプラン作り等に尽力。
平成17年8月の衆議院選挙において、自由民主党北陸信越ブロック比例代表公認候補として出馬、衆議院議員初当選。平成24年12月、衆議院新潟県第五選挙区より3期目の当選を果たす。農林水産及び復興大臣政務官として2つの重責を担った後、現在は国会運営の要として活躍する一方、自民党東日本大震災復興加速化本部事務局長として今も被災地復興のため尽力、多忙な日々を送っている。今後の活躍がますます期待される国会議員の一人である。

up