講師紹介


国家公安委員会委員長
衆議院議員
古屋 圭司 氏

プロフィール 選挙区:岐阜県第5区 多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市

当選回数:7回(自由民主党)

生年月日:昭和27年11月1日生

血液型:B型

趣味:クラリネット演奏・音楽鑑賞

血液型:B型

人となり
中学時代、米国でのホームステイを経験。これがその後の人生に大きな影響を与えることとなる。学校のクラスにはすべて星条旗。まともな家庭にはリビングルームなどに星条旗。そして、授業が始まる前には、クラス全員で右手を左胸にあてて国に対する忠誠をつくす「Pledge」を唱和する。最初は違和感があったが、自国に対して忠誠心や愛国心を誓うことは当たり前のことだと認識する。  祖父も戦前の衆議院議員だったこともあり、たまたま挨拶に立った敬老会で「私は古屋慶隆の孫です」と話すと、お年寄りの皆さんが一斉に私の顔を見上げて異口同音に「古屋慶隆先生は立派な議員だった」というありがたい言葉が、政治家を目指した決定打だ。祖父は昭和20年に東京大空襲で亡くなっているので、当時でも35年も前のことだ。 「政治は将来に対する責任、国家も郷里も」がいまも私の立脚の原点だ。初当選以来、「真の保守主義の確立」にブレはない。 党拉致問題特別委員長や拉致議連幹事長として拉致問題解決のために精力的に取り組んでいる。また、歴史教育を是正する議員連盟の会長として自虐的記述の是正を実現。教育基本法の改正や日教組に支配される教育改革にも取り組む。一方では、ICTの推進にも力をいれ、党通信部会長当時には情報通信予算の大幅増額を勝ち取る。以来、日本が世界一の廉価でかつ高性能な通信インフラの確立にも努力する。リニア中央新幹線の実現にも力を入れる。


経 歴 国家公安委員会委員長
拉致問題担当
国土強靭化担当
内閣府特命担当大臣
(防災)

up