スタッフブログ

2018.04.10

「声によって成る」

 3月講座一限目。講演者の柘植芳文議員は、72歳とは感じられないほど背筋をピンと伸ばされ、「夢」を題とし、熱い想いを語られた。張りのある声からは、最多得票数42万9千票を得られた自信と同時に、終始その期待に応えたいという強い責任感が湧いてくるようであった。
 講演の中で先生は、「地域をどうしたいか、そして、その地域でどういう文化を作りたいか」と常日頃から、郵便局長に問うていたことを紹介され、また、それこそが政治家に最も求められるものであると語られた。そして、この地域において他政党が強い原因の一つに、地域の密着度を指摘された。
 それにすぐにピンとくるものがあった。私の住まいのある選挙区が特別なのかもしれないが、異様に「その」他政党のポスターが目立ち、度々地元のスーパー前で「その」政党の議員がマイクを握る。おばちゃんたちにスタッフが気軽に声をかけ、気さくに話をし、優しい微笑みを向ける。スーパーから出ると、おばちゃんの一人が、袋を片手に議員相手に話し込んでいる。声を拾う様子に、「ああ、あの議員の地元になっていくなあ」と、悔しかな、そんな感想がつい、こぼれ出る。
 そして図らずも、一限でたまたま席を並べた愛政塾出身議員とのおしゃべりでも、また、二限目の懇談会も、「地元の声」が主たるテーマとなった。謙遜半分に、「草むしりや、マラソンの水当番に駆り出される、毎日そんなお手伝い要員ですよ」と語られたが、そこでしか聞けない「声」があるという。
 「100人か、200人に一人かなあ。それでも、堅苦しい事務所では聞けない話をしてくれる人がいるんです。」
 そしてその声が「ありがたい」とさえ語られた瞬間、ずっと、地元の祭りやゲートボール大会に顔を出さなければならない議員の日常を、票獲得のための選挙活動としか感じられなかった自分を、恥ずかしくさえ思えた。
 郵便局員とは、ある意味、そんな草むしりに出向く政治家とも言えよう。私は個人的に、黒猫が走るトラックより「ゆうパック」を好む。年賀状も日本の文化の継承の意と併せ、郵便局のエールも含め書き続ける。それは、とりもなおさず、郵便局が「私に親しい」存在だからだ。派出所と同じく、地元を守る、必ず傍にあるもの。銀行よりも温かい香りがし、コンビニよりも専門的で、何よりも「信頼」がある。「親しみの歴史」が作り上げた信頼。郵便局の存在をゆっくり感じてみたこともなかったが、町の機軸を担い、困ったら声を届けられる場所。無意識で、当たり前、おばあちゃんが笑顔になれる場所。まさに、「日常」。
 「日常を政治にせよ。」柘植議員が冒頭から語られ続けたその言葉は、基点を隣人の声とする、ポストのある場所から生まれたものだと改めて知る。
 政治家の夢とは、自らの夢ではなく、明日、すれ違うかもしれない一人の声から成る。私も「夢のポスト」になれるよう、日常に努力を重ねていきたい。感謝。


2018.04.06

修了式の後は、

ホテルに会場を移し、

受講生の皆さんの慰労会を行いました。

この日を迎えると、

1年の時が経つのは、

本当に早いな~と思います。

今年も藤川政人学長、杉浦正健名誉学長の

名(迷?)デュオによるショータイム、

豪華景品!?が当たるビンゴ大会があり、

大盛り上がりとなりました。

充実感に満ちた受講生の皆さんと接し、

私たち事務局の

来期へかける意気込みも

一層高まりました!




2018.04.06

グループプロジェクト発表会に続き、

第16期修了式を行いました。

一般コース、専門政治コース

それぞれの修了者代表に

藤川政人学長から修了証書が

手渡されました。

修了者の皆さん、

おめでとうございました!

そして、最後は一致結束。

新たな決意を胸に

ガンバローコールで

第16期は幕を閉じました。

受講生の皆さんの高い志と

多くの方のお陰により、

第16期も無事に

すべてのカリキュラムを

終えることが出来ました。

ありがとうございました。

4月21日(土)は

第17期の始まりです。

引き続き、宜しくお願いします。




2018.04.06

3月31日(土)、

専門政治コース・一般コース有志の皆さんが

10月から取り組んできたグループプロジェクトの

成果を発表しました。

今期は、5つのグループがそれぞれ

”教育”、”外交”、”厚生”、”経済産業”、”地方自治”

の各分野に分かれて、

提言を行いました。

この日を迎える前までの道のりは

決して平坦ではなかったでしょうが、

すべてのグループがしっかりとしたチームワークと

発表を見せてくれました。

グループプロジェクトは、

提言で終わりではありません。

今後、受講生の皆さんには、

提言の実現に挑んでいってほしいと願います。

皆さん、お疲れ様でした!



2018.03.22

教育制度の柔軟化と国家の発展

 現行の教育制度は、6334年生を採用しているが、一部、中小一貫や中高一貫教育を行うようになった。これは、教育の連続性によるメリットをとらえてのことであろうが、根本的にみて、日本の教育制度は、多元化の方向性を示しているととらえられる。多様な教育を選択できることについて賛成するが、私は、さらに、高等教育の制度の柔軟化が必要であると考えている。
 その主な理由は、少子化である。厳しい受験競争さらには就職競争にさらされている若年層の女性は、生物学的にとらえると格好の出産適齢期であるが、現行の教育制度では、10代の後半および20代前半に子供を産み育てるという選択が非常に困難な状況にある。そのため、ついに2011年には、母親の第一子出産の平均年齢は、30歳を超えた。30歳を過ぎると妊娠に適した卵子の質・量ともに低下し、たとえ、子供を望んでいても、妊娠に至る可能性が減じてくる。したがって、現行の制度を続けていては、少子化はさらに進むと考えられる。
 若年層の出産のメリットは、育児を体力のある時期にできるという個人的なものもあるが、それ以外に社会的なものも大きい。社会保障的にとらえてみても、加齢による出産のリスクの低下とともに、出産関連の医療費の低下が期待できる。不妊治療費の公費負担も減るだろう。さらには、若年層が出産した場合、その祖父母もまだ体力があり、育児参加できる。すなわち、出産年齢が下がることで、育児に関するソーシャルキャピタルの拡大もまた期待できるのである。
 過酷な競争を経て、女性が30歳前後でやっと落ち着いて自分自身のライフプランを考えられるようになるという現行の教育制度を克服するためには、若年期に子供を持ちながらも、それをハンディキャップとすることがなく、高等教育を継続でき、かつ、社会的にも承認されるような制度にする必要がある。
 具体的には、まず、AO入試のように一般入試とは別の枠組みで、出産・育児を早期に行うものに対する入試枠を設けるなどの措置が必要とされるであろう。また、高等教育施設に授乳室などの子育て環境の整備する、学内保育所などの保育支援をする、子供の病気による欠席に対しての補習をおこなうなど、総合的な支援が必要である。また、出口である就職についても、社会的に受け入れられる枠組みがきっちりと示される必要があるであろう。さらには、奨学金の支給などにより若年期出産を経済的にバックアップする必要もある。
 以上、指摘したように、現在の日本は、教育の負担が過大になりすぎたために、出産時期が後退し、もはや社会が容認する出産時期が、女性の生物学的出産適齢期を過ぎた状況に陥っている。若年層が出産できる状況を社会が創出するには、上記のように、教育制度の柔軟化と若年出産に対する社会的容認が重要な視点と考えられる。


up