スタッフブログ

2018.05.30

本日参加して私が学んだこと、感じたこと  

 本日参加して最初に感心したのは、開校式開式の後すぐに国歌斉唱を行ったことです。これは、この日本国の舵取りをしている自民党としては当たり前のことですが、最近はその当たり前のことができていない世の中になってきています。
 そして、現職議員、元議員の方々の祝辞のあと橋本聖子議員のご講演の中で一番感動したことは「政治家の仕事は自分で決める。」という一言です。政治家は自分の一存で仕事をいっぱいして、国のため県のため市町村のために働くか、まったくしないで自分の私利私欲で生きていくかは、自分で決められます。ただし、公人である議員さんたちは、私たちの税金から給料が出ています。したがって、国家国民県民市町村民のために絶対働かなくてはならないのです。橋本議員もおっしゃっていましたが、若い女性議員たちに教育の一環として、男性の職場であった政治に飛び込んだからにはもちろん負けないように勉強しないといけませんが、女性としての立場、役割、配慮が大事とおっしゃっていました。「女性であることが不利ということではなくて、男性ではないという視点から、それを特長として政治を実行していけばよいということを。」まさにその通りだと思います。私も医療という全く畑違いの分野から飛び込むからには、これを武器として政治の世界に飛び込みたい。そして最後のオリエンテーションの廣瀬講師の「共に学びあい高めあい磨きあう、そしてお互いを尊重するということは、お互いに切磋琢磨して、お互いに認め合い人間力を高めあっていくということ。そして人間力とは、人生を力強く切り拓いていく能力」ということも大変勉強になりました。私も57年、生きてきて人脈が一番大切ではないかと思うようになりました。お金では買えないのですから。
 最後に一日目を通して改めて、まずこの日本においては教育の重要性を一番に掲げ、現状に満足せず、あらゆる分析をして、それを変革していくにはどうしたらよいかを考え実行していく。私も改革に不可能はないと信じています。そして純粋な気持ちを持ち続け、いいところは残し悪いところは切り捨て、10年先、20年先の日本を世界一の国にして私たちの子供や孫の世代に誇れるような日本を作っていきたいです。


2018.05.30

題 オリンピック・パラリンピックに対する私見2

 橋本聖子議員の講話を拝聴し、改めて自身の考えであるパラリンピックを廃止し、オリンピックの種目として、障害者が出られる競技をオリンピックで行う考えに自信を持つことができました。
 私は昨年16期のレポートでも同様の提案をしましたので、今回の表題は2としました。
私はオリンピック、パラリンピックと分けて開催する事自体が、差別ではないか?という思いがあります。オリンピックの中でオリンピック種目の1つとして、パラリンピックで行われている競技をすればよいと考えています。
当然、健常者も参加可能とします。例えば車椅子競技ならば、競技のルールとして車椅子を使うとするだけで、健常者も出られます。そうすることが本当の意味で健常者と、障碍者の垣根を無くし、差別を無くすことだと思います。
ですが正直、そんなルールで開催して健常者が参加した為に、結局障害者は能力的に負けで出られなくなるのではと言う一抹の不安は拭うことが出来ていませんでした。
でも、橋本聖子議員の講話で語られた、「オリンピックアスリートと、パラリンピックアスリートの脳の使い方を調べたところ、オリンピックアスリートは左脳だけだったが、パラリンピックアスリートは右脳も前頭葉も全て使っていた」とのお話を聞き、障害者だからこそ、障害を補う為に脳が健常者を凌駕する能力を発揮できている科学的な証明がなされたと感じ、その不安も一掃されました
当然物理的な問題も多々出るでしょう。ですがそれを乗り越える工夫こそがバリアフリーと思います。
 具体的には公平なルールを定める事です。平等と、公平は意味が違います。平等は個人差関係なく同じルールにする事を意味していますが、公平は、同じ結果が出るよう、個人差を考慮することです。例えば既に多くのスポーツ競技で男子、女子と分けがあります。これは、男女よる違い、筋力差で明らかに結果に差がつくためです。これは公平の考えがあるから男女分けとなっています。全てで男女平等としてしまったら、オリンピックの殆どの競技に女性は出られなくなるのは、今の選手の記録を見ても明らかです。因みに自動車、オートバイ等のモータースポーツ競技では男女分けは在りません。ルールは平等の考えです。機械の性能で身体能力を補える競技だからです。この考えも合わせて、健常者、障害者と公平になるルールを設けることで、オリンピックの種目として開催可能と思います。
 東京オリンピックで、突然パラリンピックを無くす事は不可能でも、新しいオリンピックとして1競技だけでもオリンピックの中で行う、開会式、閉会式にも障害のあるアスリートが一緒に参加するバリアフリーの新しい提案をすれば、2020年東京オリンピックは、歴史に名を残すオリンピックになるのではないでしょうか?これこそがオリンピックのレガシーになるのではないでしょうか?


2018.05.25

5月講座

専門政治コース3限目は、

廣瀬公一研修コーディネーターによる

コミュニケーションスキルセミナーを

行いました。

専門政治コースの皆さんの

9割が今期から受講の方々です。

お互いをよく知り、

打ち解け合ってもらうためにも、

この時間は欠かせません。

また、この時間は、

自分では分かっていても

実は出来ていなかったことが

分かる時間でもあります。

受講生の皆さんには、

これからも

謙虚に取り組んでいただきたいと

思います!


2018.05.25

5月講座

専門政治コース2限目では、

杉浦正健名誉学長を交えての

ディスカッションを開催。

今回のテーマは、憲法改正でした。

初回から、いきなり難しいテーマでしたが、

専門政治コースの皆さんは

真剣に取り組み、

お互いが学び、

考えを深める良い機会となりました。

次回は、北朝鮮問題について

ディスカッションします。


2018.05.25

5月19日の

5月講座1限目では、

丸山和也参議院議員に

”政治家としての姿勢”を

テーマにお話いただきました。

ユーモアあふれる語り口で

受講生の皆さんの

笑いが絶えない講座でしたが、

ビシッ!っと

「この人にリーダーを任せたいと

思ってもらえる人物を目指してほしい」

と述べられた時には、

さすがに、受講生の皆さんも

大きく頷いていました。



up