スタッフブログ

2019.10.15

題  コンセンサスについての内省

 今回の廣瀬先生のセミナーを通して、コンセンサスがいかに重要であるかが、実践を通して認識しました。 
 私はかつて組織のリーダーとして、目標を定め、それを達成すべく活動をしたことが幾度もありました。うまくいった場合とうまくいかなった場合の、それぞれ経験をしましたが、そのそれぞれを顧みたときに、コンセンサスのレベルの程度が、目標達成の良悪に大きく関係していたように思います。もちろん廣瀬先生が仰ったように、集団における意思決定の方法は様々であり、トップダウンの決定や幹部による方針も、あまりにも構成員が多い場合や、時間をかけられない場合には、大いに有効です。ただ全員がしっかり理解し、納得したというコンセンサスがあれば、その後の各員の動きは疑念に満ちることなく、向かう先が明瞭で、目標達成もスムーズにできると感じました。
 一方で先述しましたが、コンセンサスを取ることはある程度時間が必要で、そこがデメリットの一つであります。そんなときに私は論理的に考えることが、時間を短縮し、コンセンサスを取る為の重要な点である、と素直に思っておりました。なぜなら筋が通っていて、無駄がないことや効率的なことを説明できれば、それが最良の選択のはずであり、自分も含めた組織の誰もがそれを実行する上で不満を抱くことが無くなるだろうと考えていたからです。セミナー内のグループでも、私のそのような部分が所々で出てしまっていたと思います。しかし、これは以前のセミナーで学んだ「エンロールメント」が、正に欠けているということに尽きます。論理的納得はもちろん必要ですが、それより多少効率が悪くても、全員が感情的に納得している方法のが、より自発的、積極的に行動や賛意を呼び起こすことができるはずで、結果的に目的の達成に近づいていることが多いのではないかと思います。その両者=エンロールをする上での、ミーティングは大変有意義で、中身のあるものになるはずでありますし、そんな場でのコンセンサスはその後の活動を円滑に推し進める要になりますと感じました。
 5月からの廣瀬先生のセミナーを通して、エンロールメントとコンセンサスという常に意識、また大切にすべき点を学ぶことができました。また発表やプレゼンテーションの場に限らず、コンセンサスの場面においても、エンロールメントが生きてくるということが、身に染みて理解することができました。
 


up