スタッフブログ

2018.08.27

two men, two leaders, one destiny

 2018年6月12日、史上初の米朝会談が行われた。タイトルはトランプが金正恩に見せたビデオ(*1) の中で一節である。対立はやめて、北を経済発展させる上で2国は運命共同体であるという内容である。世間では「失敗」や「中国の一人勝ち」といった評価があるが果たしてそうだろうか。本稿では米国の外交戦略を見ながら、朝鮮半島の今後を考察していく。
 6月12日、日・ラオス首脳会談が行われた。東南アジアでも後進国であるラオス(*2) となぜこの日に会談を行ったのか。中国からの経済支援を目的に関係を深化させてきたラオスは中国べったりの外交方針を変えつつある。相手国を尊重しない中国のやり方に嫌気をさしているからだ 。(*3)日本は中国と国境を接しているこのラオスにくさびを打とうとしている。一方、米国はこの日、米国在台協会台北事務所の新庁舎落成式を行った 。(*4)この式に出席した米国人の肩書が何であれ、重要なのは20名程度の米海兵隊がこのビルの警備につくことである。小規模ではあるが台湾に初めて米軍を駐在させる。また、トランプ大統領は中国に追加関税を課すことを発表した 。(*5)中国は米国を朝鮮半島問題に注力させ、その隙に台湾や東南アジア諸国に影響力を与えてきた。しかしトランプ大統領は中国と直接対峙するつもりだ。
 また、トランプ大統領は米韓合同演習を中止した 。(*6)在韓米軍撤退も示唆している。北朝鮮と取引したように中国とも取引をするのではないか。それは在韓米軍の撤退する代わりに中国に北朝鮮の非核化(CVID)をさせることである。金正恩も米国より中国主導の非核化の方が応じやすいし、中国のアジアの盟主になりたいという思いを刺激することができる。この非核化作業の間に「戦略的忍耐」によって失われたアジアにおける米国の影響力を取り返そうとしているのではないか。
 安倍総理と米国の外交を見ていると薗浦議員がおっしゃっていた通り、とても緊密に連携している。「大国」である中国・ロシアと「諜報機関」「軍事力」というカードをもたない日本が向き合うためにはもう1つの「大国」である米国とone destinyでなければならない。

(*1)https://www.youtube.com/watch?v=aYsaC2CADs0 Guadian News
(*2) 2017年GDP 115位 / 9位(世界/ASEAN) IMF – World Economic Outlook Databases
(*3) ラオスで中国人襲撃事件 高まる反中感情 http://japan-indepth.jp/?p=35189
(*4)米国の新在台湾事務所が6月に落成 https://www.sankei.com/world/news/180521/wor1805210032-n1.html
(*5)トランプ米大統領、中国製品2000億ドルに追加関税課すと警告
 http://www.bbc.com/japanese/44529710
(*6)米韓、8月の合同演習中止 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061900269&g=int
小倉和夫編『朝鮮半島地政学クライシス「激動を読み解く政治経済シナリオ」』(2017年)日本経済新聞出版社



up