スタッフブログ

2018.05.31

題   2020年東京五輪とその後に向けた我が国の生き残り策と我が県が為すべき政策

 橋本聖子参議院議員はご講演にて、世界の類例のない我が国の少子高齢社会を前提に、我が国が将来も持続的な成長を遂げて魅力ある国であり続けるため、2020年東京五輪を契機に各産業間の連携と融合を図り、地域振興策を実施していくことが重要であることを仰った。橋本先生はそのご経験を踏まえて、特に健康・スポーツ産業を我が国各地域の伝統・文化と融合させて、クールジャパンを活かした地域づくりとして観光産業にまで高めていくことの重要性を説かれ、私も本テーマに最も関心を寄せた。そこで、国(内閣府)の取組状況を踏まえつつ、我が県が何を為すべきかということを中心に以下に述べたい。
 橋本先生からは東京オリンピックは成功させて当然というお話があった。私も、我が国は、この好機を得て、2020年後の時間軸も踏まえて、魅力ある国を世界に発信し続けることこそが重要であると考える。さて、参照資料によると、国がクールジャパンを活かした地域づくりのイメージを提示して旗振りを行い、各自治体に支援策を講じてその取組みを推進している。(当地名古屋市でも「コスプレ」と「アニメ」を核に新たな文化を発信すべくディスカッションを推進している事案が紹介されている。)
 では、翻って、愛知県単位ではどのような取組みを進めていくべきか。簡潔に私見を述べたい。ご承知のとおり、我が県は三英傑を輩出した地であり、まさに近代社会の基礎づくりに貢献した。しかし、他の地域(京都府、奈良県等)と比較すると、歴史的遺産を活かした観光産業を成長産業とするには至っていない。他方、今年現在、我が県は工業、農業分野を中心に全国2位の都道府県版GDPを誇っており、工業、農業を活かして観光産業を強化することが重要である。観光産業の目玉は、農業県の食を中心とした健康産業とオリンピック種目のトレーニングを中心としたスポーツ産業に戦国時代の歴史を追体験できる歴史探訪事業を加えた融合型パッケージの整備であり、来県すれば日本の歴史と未来を一体的に体験し得る街を整備することが重要である。また、縦割り行政の解消についても、いわゆる各部門のどこにも属さない職掌を担当する専門的な業務遂行機関を我が県にも設置して、各部門との連携を図り地域振興の効果を最大化する取組みを行っていかねばならない。
 最後に纏めると、我が県は相当のポテンシャルを既に有しておることから、クールジャパンを高揚する全国の旗艦となる地域振興策を強力に推進することにより、全国をリードしてむしろ国の政策を後押しして魅力ある国づくりに貢献していくことが我が県の責務であると言える。

【参照】
「国のクールジャパン戦略の最新状況 ~クールジャパンを活かした地域づくり~」(平成30年2月 内閣府 知的財産戦略推進事務局)


up