スタッフブログ

2018.05.30

題  「夢と論」
 
 今回の橋本先生の講義を経て、「夢と論」こそ、政治に求められる本質だと感じた。
 私は、いままで、「良い法律が、良い国を作る。」と考えていた。それは、1960年代~1970年代の高度経済成長期の政治の在り方に起因する。田中角栄元総理を代表とする1960年代から1970年代の自民党政権時代は、最も政治に国民が期待していた。それは、いまもなお国民の多くが理想的な政治の時代と言及することが多く見受けられ、また2016年には石原慎太郎氏が書いた「天才」はベストセラーになったことで裏付けられる。私は、その期待の応えは、田中角栄元総理ら自民党政治家のカリスマ性のみにあるのではなく、経済成長が前提であった結果論でもなく、政治家が真剣に法律を作り続けているからであると考えていた。もちろん、現在でも、議員立法は数多く成立しており、日本の屋台骨を支えている。しかしながら、いまの国民は、もしかすると立法の実感がないのではと思っていた。またその法律自体、ある種の事案が発生したから、結果として成立する後追い感があると考えていた。だからこそ、現代の政治的な課題は「良い法律」が生まれた実感がないことを仮説としていた。
 橋本先生は、今回の講義で、自身のコンセプトを話された。東京オリンピック・パラリンピックを起点としたスポーツ先進国を目標として、健康寿命を延ばす。そして、ヘルスケア事業を発展させる。それを伝統・文化と掛けわせることで、長期滞在可能な観光地を行い、「日本に来ると、健康になれる観光」を、2020年を契機に、創り出していく。橋本先生が話されたその考えに強い共感を覚え政治が目指す「その先の日本」を感じた。
 それと同時に、「良い法律が、良い国」だけでは、自身の近視眼的で短絡的な考えであることを感じた。もちろん、法律は、国の基本の一つである。ただ法律という根拠には、コンセプトが必要であると強く感じた。コンセプトと書くと少し抽象的であるので、「夢を前提にした論=夢と論」と言い換えた方が良いであろう。橋本先生の話を聞くなかで、法律が良い国を作るためには、前提として、「夢と論」が必要なのだと強烈に感じた。そう考えると、前述の1970年代の日本の政治が良いとされてきた時代は、その「夢と論」があることが分かる。「日本列島改造論」を代表とされる指針や、1960年代には、「新産業秩序の形成」のなか通産省と政治家の切磋琢磨があった。それは政治家の「夢と論」だ。
 2020年以降の日本の絵は未だ見えない。橋本先生が話されるスポーツ観光を代表としながら、いまの政治にはこのような一人一人が描いていく「夢と論」が必要なのではないか。その強い志向を抱いてこそ、日本の政治が躍動する。この愛政塾での学びの期間に、私は「夢と論」という、もしかすると当たり前かもしれない、生きる本質を見つけてみたいと思う。 以上


up