スタッフブログ

2018.01.31

題 岡田直樹参議院議員の講演を拝聴して

 政治家は現場を知らなくては駄目だと、私は常々そう思っています。岡田直樹参議院議員の講演の中に新聞記者時代に北朝鮮に訪朝したことが、政治家を目指すきっかけになったと言うお話がありました。記者時代に取材された拉致問題と共に北朝鮮の格差社会の状況を目の当たりにして、これを解決するには政治家になるしかないと決心されたのだと思います。自分の目で見た問題をどうしたら解決にできるか考え政治家を志し、その道を進む。政治家を目指す人間のあるべき姿を見た思いがしました。

 やはり現場を見られた人間の言葉は、どんな文献より私には重く響きます。講演の中で当時の北朝鮮国民は金日成に対していかに崇拝していたかということが色々なエピソードから知ることができ、また北朝鮮の憲法を始めて見てそこに明記されている内容がまさに個人崇拝であり独裁そのものとだということが分かりました。これは時を経た現在の金正恩体制になっても何も変わっていないのです。国の根幹に関わる憲法において、北朝鮮の憲法には個人名がこんなに記載されているとは本当に驚きました。それに比べ我が国の憲法に目を向けたとき、改めて読み返してみると国民に向けた国民のための美しい憲法だと強く感じます。

 ただこの美しい憲法の中にも長い歴史を歩んできて現在の状況とは合わない部分があるのは、否めないと感じます。とくに「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」という文言から分かるように他国も平和を愛するという前提で憲法が書かれている点であります。確かに美しい理想的な話ではありますが、現実的ではなく平和を愛さない国すなわち北朝鮮の様な国がある限り、もし攻められた際は自分の国は自分達で守るという明記が必要だと私は思います。すなわち自衛隊を明記した憲法を改正すべきだと思います。我々の国を守って日夜、活動していただいている自衛隊が憲法違反の疑いがあるなどと言われる状態こそが、国益にも国民のためにもなっていないと思います。憲法に自衛隊を明記し、憲法の範囲内で自衛隊は堂々と国民のために活動すべきなのです。


up